野球から人生を学ぶ一書

野球が人生訓たりえることがあうようですね。
たかが野球、されど野球、ということでしょうか。

野村克也元楽天イーグル監督が書いた
「野村ノート」という本があります。

野村ノートを読んだのですが、
これは、野球理論ですが、
何か人生への処世訓みたいに感じましたね。

プロの野球とは、ここまで考えてやるものなんだな・・と
今更ながら、強く感じましたね。

野村克也の非凡なる、淡々と毎日野球のことを考えて、
頭を常に回転させていることに、何か、すごさを思いました。

野球の方が、私的にはサッカーの試合を
みることよりもすきなんですが、
これでまた、なおさら好きになりそうですね。


野球一筋に、生きてきた人ならではの、
人生を生きる上でも、
とっても大切なことが書いてありました。

前向きに生きていくヒントなるものが
大いに得られる本でした。