褒章という名の勲章は民間人を多くしてほしいね

褒章というと春の時期ですと、既に終わっているころなんですが

今年は、東日本大震災があり、1月半ほど遅れて叙勲がありました。




褒章というのは、社会・公共の福祉・文化に貢献した人を顕彰する

ものです。6つの種類があるんですね。

1.紅綬褒章・・・事故の危難を顧みず人命を救助した者

2.緑綬褒章・・・自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる者


3.黄綬褒章・・・業務に精励し衆民の模範たるべき者

4.紫綬褒章・・・学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者

5.藍綬褒章・・・公衆の利益を興し成績著明なる者、公同の事務に勤勉し労効顕著なる者

6.紺綬褒章・・・公益の為私財を寄付し功績顕著なる者

の6種類です。


出来るだけ、民間人を顕彰して上げて欲しいものですね。

日本は、公務員などの人が多すぎるのではないでしょうか。