グラシアス・ネズミ講/商品なしでペーパー1枚

ネズミ講は、忘れた頃に社会の表面にでてきますね。
東京の会員制の化粧品販売会社「グラシアス」が、
設立直後の約1カ月間で、商品が未完成にもかかわらず会員登録を募り、
勧誘した会員に報酬を支払っていたそうです。

商品なしで勧誘を繰り返していくのは、
完全にねずみ講ですね。

マルチ商法は、商品を介入させますけど。

日本人のお人好しを逆手にとって、
やるもんですから、たいてい人間関係が
壊れるんですね。

人を人とも思わぬ、そういう人たちが
いるんですよね。

見分けがつかないから、いつも
正直者がバカを見るわけです。


気をつけたいものです。


消費者トラブル 手口と対応策―弁護士がきちんと教える (暮らしの法律)