日本の社会の見えない掟へ挑戦する、自分発のブログで情報発信を

ライフネット生命の岩瀬社長が書いたブログが炎上したとのことで、
なんでかなぁ・・とのんびりと見ていたら、結局はエイプリフールのつぶやきだったのですが
それでも、言い訳をしたから、…………炎上してしまったんですね。

内容は、至って真面目なネタでした。
曰く、「新入社員は朝30分早く出社して新聞を読め」というものです。

このくらい、軽いジャブのようにも思うんですが、
やはり言うべき立場のお言葉とも思えないというのが、日本人らしいところです。

よく考えてみれば、一流と言われる企業、または、そういう人は、
言われなくてもこんなことぐらい、コレに近いことって、やっているように思うんですが。

これくらいで、思いっきり、腹をたてるなんて・・・・・と。

だからそういう内容のことではなくて、その立場の人のことばでは
ないとうのが、日本の社会の見えない掟なんだと思うんです。

今では、好きなことを仕事にするという時代のようなことを言っているブロガーもいます。

ソーシャルメディアを武器にするための10カ条 (マイナビ新書)

これは、急になれるというのではなくて、少しづつでもいいから、
努力を重ねていくということですね。

その手段として、「ブログ」を使って情報を発信していくということです。
自分の好きなこと。以外に知っているようで、知らない自分のほんとうの好きなこと。

お金のためではなくて、本当の好きなこと。
それをしって、少しづつそれでも食べていけるほどになるように、
ブログをまず書いていきませんか。ということです。

SNSでのコミュニケーションもいいけど、
本来の自分を発信していけるのは、ブログの方がいいというわけ。

1日に、1記事書いて、1年で、365記事です。
2年で700記事をこえます。3年続ければ、1,000記事を超えます。

そうなれば、その分野の一角の意見を言えるようなものでしょう。

そういうことって、楽しいような気がするんですけどね。

それじゃ、本当の自分の好きなことって、何?
これが、意外に知らないような気がするんですね。
錯覚とか、そう思っているだけで、本来は、好きではなかったということが
多いんだとか。 自分を見つめるということも、とっても大事です。

そのために、まずは、今の目の前にあることに、全力を尽くしてみます。
やっているうちに、これは違いな・・と、またコレも違うな・・とか。
失敗していって、やがて、これが、自分のしたいことだったのかも。

しっくり来るってことって、あるように思うんです。

それにたどり着くまで、気長に続けるしかない。

なぁに、・・・いくら失敗しても、お金がかかりませんから。

多少、時間が取られるだけですから。

でも、そのために、費やしたブログで自分を発信していった
こと、技術とか、色んなもの、経験が、財産となっている事に気づきます。

だから、失敗がゼロで、次もゼロから出発ということではないです。
積み重なっていくんですね、ブログで、自分を発信し続けていくと。
それが、個人のブランド力となる時代ということです。