高齢化社会とスマホ

高齢化社会へまっしぐらな日本。
何が問題かといったら、まず、社会保障費の増大でしょう。

100saiizyo01.jpg


お金が年々掛かり過ぎることです。
でも、政治家は、あんまりこういうことを言いません。
支持者、確かな支持者ほど、高齢者だからです。

毎年、1兆円ほどずつ増えていくこの社会保障費の増大に、
メスを入れる人がいません。

評論家だけですね、いっているのは。

でも、人間、健康で生きている時間が
どれだけ長くできるかが、今後の大きな課題として
残っていくんでしょうか。

長く生きれば、それ分だけ、お金がかかるという時代。
思っても見なかった時代の空気、です。

世の中が、グローバルになっていけば、
なんでも良くなっていくという・・・・・思い込み、
そう信じていた人・・・・、

でも、そうではなかったような気がします。

グローバル化という一面は
良いことばかりマスコミ等は、言っていることが多いですが、

反面では、厳しい現実がありますね。
便利は不便です。

なんでも機械、家電ひとつとっても、いいですが、
時間があっというまに、料理ができたり、時間が短縮しても、
その余った時間で、一体何をやっているんでしょうか。


スマホとSNSで、世の中、かなりというか、
大きな革命的に社会が変わりつつあるのが、
わからない、受け入れたくない、・・・・そういう人が
、デジタルデバイトとして、・・・・。


こんな、世の中、哲学が、人に優しいものがないと、
機械とか、便利なものを扱う人は、
とてつもなく、人に対して、ドライ的な面でしか、見ないように
なっていくのではないか。