日産自動車のEV化への舵取りは、近未来を感じさせるもの

日産自動車は、系列の部品メーカーの「カルソニックカンセイ」を売却したとのこと。

この事の内容で、関心があったのは、
何故、日産は売却したのかということ。

ニュースからは、三菱自動車の傘下への手当するお金を
融通するということをいっていましたが、
さらに、今後の車業界の動向をも示唆していまいたね。

それは、今後の自動車は、EV化されていくということですね。
いわゆる、電気自動車です、簡単に言えば。

evcar01.jpg

世界的にも電気自動車へのシフトへと動いていますね。

トヨタもようやく動いているし。

ガソリンによって、動く自動車での
内燃機関の仕組みは、とっても難しいですよね。
だから、系列部品メーカーは、お抱えというものでしたが、

これから流行る電気自動車では、そんな複雑なエンジンが不要ですから。

そうなると、大きな工場で車を作らなくても
町工場でも充分車は作れます。

そうなると、もっと違う箇所で勝負をしていかないといけない
ということになります。

日産自動車は、もうそこにある近未来の自動車によって
大きく自動車業界が編成になることを予想しているということでしょう。

だから、家電量販店が自動車を売っても少しも変ではありません。
そういう時代だということですね。